相模原市・海老名市・大和市の陸上クラブ・かけっこ教室 Whirl Wind Athletics Club
お問い合せ

ワールウインド陸上クラブ
下層ページタイトル背景

体の動きに欠かせない筋肉

OUTLINE

スポーツでも日常生活でも、私たちが体を動かすためには、筋肉が欠かせません。
みなさんは筋肉についてどれくらいの事をご存知でしょうか。

筋肉の役割

人間には、大小合わせて約600の筋肉があります。このうち、約400の筋肉が骨格筋といわれ、身体運動に関わる筋肉となります。筋肉は、関節をはさんで骨と骨をつなげ、筋肉を動かす事によって走ったり座ったり跳んだり、様々な動きをする事が出来ます。また、筋肉が収縮、弛緩する事で血液の流れをサポートしたり、エネルギー源となる物質であり運動時にフルパワーで動くために必要な物質、グリコーゲンを蓄えたりする役割があります。

筋肉を大別すると

筋肉は、大きく横紋筋と平滑筋に分ける事が出来ます。横紋筋は筋線維の横縞模様がある筋肉の事で、心臓を形成する心筋と骨に付着して関節を動かす骨格筋が横紋筋となります。平滑筋は、内臓や血管といった心臓以外の器官を形成し、横紋筋のような横縞模様は見られません。また、筋肉は自分の意思でコントロール出来るかどうかによって、随意筋と不随意筋に分ける事も出来ます。関節を動かす骨格筋は意識的に動かせる随意筋、心臓や血管などを形成する心筋や平滑筋は、意思に関係なく動く不随意筋となります。

運動機能別の筋肉の働き

筋肉は、腕を内側に回す回内筋と外側に回す回外筋、腕を真横に上げる外転筋と真横に上げた腕を体に近づける内転筋、関節を曲げる屈筋と関節を伸ばす伸筋というふうに、運動機能別に分類されています。ある動作をする際、いくつかの筋肉が共同して働く筋肉群は共同筋と呼ばれます。互いに反対方向に働く筋肉を拮抗筋と言い、屈筋と伸筋は拮抗筋の関係にあります。筋肉を鍛える際には、ケガを避けるためにも拮抗する筋肉をバランス良く鍛える必要があります。

様々な動きに欠かせない筋肉を成長に合わせてバランス良く鍛えていくためには、専門のトレーナーのもとでトレーニングをする事をおすすめします。
相模原市や大和市、海老名市を中心に活動している、ワールウインド陸上クラブでは、未就学児童のクラスから、中学や高校向けのジュニア陸上クラブ、大学以上の本格クラブチームまで、幅広い年齢の方が利用出来る陸上クラブとなっております。

相模原市や大和市、海老名市周辺でお子様にスポーツの楽しさを教えたい、自分自身の陸上トレーニングをしたいと考えていらっしゃる方は、ワールウインド陸上クラブに参加してみませんか。
無料体験や料金、練習スケジュールなど、詳しくはぜひお問い合わせ下さい。

 

 

料金形態のご説明
無料体験のお申し込みはこちら

PAGE TOP