相模原市・海老名市・大和市の陸上クラブ・かけっこ教室 Whirl Wind Athletics Club
お問い合せ

ワールウインド陸上クラブ
下層ページタイトル背景

スタッフ紹介STAFF

 

 

 


ワールウインド陸上クラブは陸上競技経験および指導経験の豊富なスタッフで運営しています
コーチ陣の多くは自身のデモンストレーション能力の保持のため現在も現役選手としてトレーニングを継続しており、指導能力向上のため各種トレーニング理論についても随時研修を行っています。

 






田子 政昌 (たご まさあき)
ヘッドコーチ・クラブ代表・日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ

コーチからトレーナーまで数々のライセンスを持つクラブ代表。自身も短距離や跳躍種目を中心に現役選手を続けている。

 

【保有資格】
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導員
全米ストレングス&コンディショニング協会公認ストレングスコンディショニングスペシャリスト(CSCS)、公認パーソナルトレーナー
など 他資格複数保持

【競技歴】
2015年 東日本実業団入賞(4×100mリレー)
2015年 全日本実業団出場(4×400mリレー)

【指導歴】
2011年~ 陸上クラブ指導スタッフ
2007~2008年 相模原市中学校部活動外部指導員
2011~2013年 ランニングインストラクター
2011~2014年 フィットネスクラブパーソナルトレーナー 他 指導経験多数

>> 代表プロフィールはこちら

【指導可能種目】
走種目全般(短距離・長距離)、跳躍、ハードル、投てき(砲丸投げ・やり投げ)


>>田子代表によるクラブのご紹介のページはこちら

 

 

 




小川 達也 (おがわ たつや)
アシスタントコーチ・トップチーム主将・日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ

大学時代から神奈川県の400mハードルでは常に上位にいる選手であり、現在も実業団選手としてチームに所属し水戸招待陸上で3位入賞するなど日本トップレベルを目指している。

 


【競技歴】
2012~2013年 関東選手権出場(400mハードル)
2014年 東京選手権優勝(4×100mリレー、4×400mリレー)

【指導可能種目】
短距離、ハードル

 

 

 




新屋敷 竜太 (しんやしき りゅうた)
アシスタントコーチ・日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ

短距離を中心に社会人以降も競技を続け地方大会まで出場。スタートダッシュのテクニックには定評がある。 また、ストレッチ・リハビリ運動や、幼児から高齢者まで幅広い年代への指導実績も多く、クラブ選手へのコンディショニング指導も行う。

 


【保有資格】
JCCA認定アドバンストレーナー
JCCA認定シニアスペシャリスト
JCCA認定ひめトレインストラクター

【競技歴】
2013年 鹿児島県選手権入賞(4×100mリレー)
2013年 九州選手権出場(4×100mリレー)
2017年 東日本実業団入賞(4×100mリレー)

【指導歴】
2012~2015年 フィットネスインストラクター
2013年~ ランニングアドバイザー
2014年~2015年 高等学校陸上部外部コーチ 

【指導可能種目】
短距離

 

 

 




平川 陽一 (ひらかわ よういち)
アシスタントコーチ・日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ

クラブ設立初期よりメンバーに加入しアシスタントコーチとして活動している。今でも出身校の高校陸上競技部の遠征や合宿の際はボランティアスタッフとして帯同し、ジュニア選手を中心に長く陸上競技指導に携わっている。

 


【競技歴】
2008年 日本選手権出場(4×400mリレー)

【指導歴】
2009年~ 東海大浦安高校陸上部ボランティアスタッフ
2013年~2015年 ワールウインド陸上クラブボランティアスタッフ 

【指導可能種目】
短距離、跳躍

 

 

 

現場アシスタント

 

 

 




花谷 昴 (はなたに あきら)
サポートコーチ・跳躍ブロック専任コーチ

【競技歴】
2007~2009年 関西学生陸上競技対抗大会優勝(三段跳)
2009年・2012~2013年・2015年 日本選手権入賞(三段跳)
関西学生記録保持者(三段跳…16m26)

【指導歴】
2013年~ ゆめおり陸上クラブコーチングスタッフ

【指導可能種目】
跳躍

 

 

 




松原 薫 (まつばら かおる)
サポートコーチ・国際陸上競技連盟レベルⅡコーチ・短距離種目クラブアドバイザー


【競技歴】
1987年 日本選手権優勝(100m)
1988年 ソウルオリンピック出場(4×100mリレー)

【指導歴】
~2016年 高等学校陸上競技部コーチ
2016年~ ゆめおり陸上クラブコーチングスタッフ

【指導可能種目】
短距離

提携クラブのニューモード陸上クラブともスタッフを連携しより幅広い分野での指導を目指しています。


各練習会のコーチの担当ブロックは こちら でご案内しております。

 

 




ワールウインド陸上クラブスタッフの違い



スポーツ指導の基本「安全」のため全員にCPR(心肺蘇生法)の研修義務があります

スポーツ指導者としてまず第一に必要なのがスポーツ現場での安全管理。
私たちは「安全」を第一とした正しいスポーツ指導を行うため、コーチングスタッフ全員にCPR(心肺蘇生法)の研修を義務付けています。

スポーツ現場での万が一の事態に備え、AEDなどの使用方法や応急手当など、継続して緊急事態に備えた訓練を行います。

【取得義務となる救急法ライセンス】
・日本赤十字社
・日本ライフセービング協会
・国際救命救急協会
・MFA JAPAN
・マスターワークス
・トライ・ワークス
・消防署(庁)

コーチングスタッフには上記のいずれかの救急法ライセンス取得を義務付けています。
 


国内の陸上競技普及発展のため、全員が日本陸連公認ライセンスの取得を目指しております

陸上競技経験者であれば誰でも「陸上コーチ」になれる訳ではありません。
コーチ間の指導理論・方針・コツのような「わざ言語」などの統一はチーム指導においてとても大切です。
私たちの競技経験や知識を最大限に活かす為には正しい指導理論を日々学ぶ必要があります。

ワールウインド陸上クラブのスタッフは日本陸上競技連盟の主催する講習会や各種トレーニング協会のクリニックに随時参加しており、最新の指導理論を学び自身のスキルのブラッシュアップに努めています。

また、時には指導選手の事例をもとに指導案について議論したり、コーチ同士でお互いのトレーニングをコーチングし、より指導する選手に洗練された指導の提供が出来るようにしています。


私たちは、専門性の高い「陸上競技コーチングチーム」を組織し、日本トップレベルの指導を目指しています。

PAGE TOP