• HOME
  • クラブチーム活動(中学・高校生〜社会人の方向け)について

クラブチーム活動(中学・高校生〜社会人の方向け)について

ワールウインドは陸上競技が好きなすべてのアマチュアアスリートを応援し、サポートします。

相模原近隣で陸上競技を続けたい方を募集中です!

ワールウインド陸上クラブは主に神奈川県相模原市を中心に活動する民間の陸上クラブチームです。
小学生向けの陸上教室のほか、中学生以上(大学生・社会人まで参加しています!)対象のチーム活動も積極的に行っています。
高校・大学卒業後に陸上競技を続ける環境を探している方、まだまだ競技力を伸ばしたい方、ブランクののちまた陸上を始めたい方、初心者の方でも参加できます!
公認コーチ・トレーナー資格を持ったスタッフが丁寧に指導していきます。

ワールウインド陸上クラブでは、相模原市を中心に地域の陸上競技を、少しでも良くしたい・解決したいという強い想いがあります。
誰でも気軽に参加できるクラブとして、たくさんの方のご加入をお待ちしています。

ワールウインドのジュニア選手指導〜日本陸連の指針に合わせた指導方針〜

中学生は走動作を中心に基礎(身体づくり・動きづくり)をしっかり行います

2018年に日本陸上競技連盟が「競技者育成指針」を発表しました。
昨今の日本の陸上競技では早期専門化による早熟化が問題となっており、将来のアスリートの芽を摘んでしまう指導をしているケースもあることが現状です。
中学校入学と同時に陸上競技を始める選手は多くおりますが、その多くは身体が未発達うちから専門種目を決めてしまい、ケガや伸び悩みに苦しむ選手がいます。

今後、全国的に学校部活動は縮小傾向となります。
クラブではこの指針に基づき、地域の陸上クラブとして将来を見据えた安全で楽しい指導を行っていきます。

【部活動選手によくあるケース】※クリックで展開します

よって、競技を始めて1〜2年目の選手は大会出場種目にしばられない多種多様な種目やトレーニングを行わせることが重要となります。
クラブでは大会のない期間は走り方を中心に多くの種目やトレーニングに触れる機会を持たせています。

また、成果を求めるばかり競争性が強まりすぎオーバートレーニング傾向になる場合もあります。
クラブでは陸上競技を次のステージで続けて欲しいという想いを込めて、この時期の選手には楽しく陸上競技に親しんでもらう事も大切にしています。

上を目指せる陸上チームづくり〜大学生・社会人中心のクラブチーム活動〜

また、高校・大学卒業以降も本格的に陸上競技を続けられる環境づくりを進めています。
陸上クラブチーム【ワールウインドAC】として実業団連盟に所属し、クラブ所属の大学生・社会人を中心にトップレベルの競技会(全日本実業団選手権/毎年9月開催)出場を目指しています。
メンバー間で通常のクラブ活動以外にも自主的に集まりトレーニングを行っています。

これまでリレー競技を中心に実業団大会・関東大会での入賞実績があり、大学の競技部や実業団チームだけでない、クラブチームという"もう一つの陸上競技の続け方"をワールウインドで見つけて欲しいと思います。

⇒【リレーチーム活動紹介ページ】

無料体験

はじめての方へ