• HOME
  • 小学生クラス

小学生クラスのご案内

2018年に日本陸上競技連盟から競技者育成指(PDF)が示され、各年代の陸上競技の取り組み方の見直しが行われました。

近年小学生では陸上競技においても

 ・ 早期から中学生・高校生のような本格的なトレーニングを開始してしまう
 ・ 練習日数や時間が長くオーバートレーニング傾向である

ことが問題となっています。

小学生のうちから競争や記録を求めすぎ、その後低迷するジュニア選手が日本には多く、これを改善すべくこの時期の子どもにとって一番必要な陸上のかかわり方を目指すことになりました。

私たちワールウインド陸上クラブでは、この指針に沿った指導を小学生の子どもたちに行い、安全で正しいスポーツ活動の機会を提供します。


【教室の特徴その1】
生涯にわたるスポーツの基礎として「走る・跳ぶ・投げる」の陸上競技の基本動作を用いて楽しく運動を行う教室です。


【教室の特徴その2】
ウォーミングアップ運動として指先を使った巧緻性(こうちせい)運動を行ったり、リズムやバランス運動なども行います。


私たちは小学生の子どもたちの安全を第一に考え発育・発達に合わせた正しい指導を行います。
過度な競争や強化が助長され、子どもたちへの負担が高めることは避けなければなりません。

「できた」という体験が子どもたちを育てます

小学生の子どもたちは発育発達の個人差が大きい時期であることから、他者との比較や競争だけではなく、自己の記録にチャレンジする「楽しさ」を味わうこと、そしてその楽しさを通じて自己効力感を養うことがスポーツ活動を継続する上でとても大切になります。

クラブでは定期的に陸上競技の種目体験(走り幅跳びやハードル走)、体力テスト(50m(100m)走や立ち幅跳び・スキップ走など)を実施し、それぞれの目標やチャレンジすることを楽しむためのプログラムを実施しています。

一般的に運動神経といわれるスポーツスキルや心身のバランスをとり「身体リテラシー」を向上させることが大切です。

陸上競技で行う、走る・跳ぶ・投げることはスポーツの基本です

まずは週1回からの練習参加から初めてみましょう。


身体の発育に合った指導を行います

子どもたちは、運動神経の発達と様々な運動動作の習得を目指す時期と言われています。

陸上競技においては、走動作や投動作の基本的なフォームの他、「素早く・機敏に動く」といった身体をコントロールする技能は、この年代に著しく発達するため、多くの運動能力の獲得を目指した方が良いと言われています。

スキャモンの発育曲線

スキャモンの発育曲線にならう通り児童期には様々動作の習得(神経系の構築)が行われるため、この時期にスポーツの基礎となる多様な運動形態を経験させることが良いと言われています。これにより二次性徴以降、発育による体力増加に伴い多くのスポーツ種目への可能性が開かれます。

【よくあるご質問】 ※クリックで展開します

クラブでは無理な体力技能の強化は発育の妨げになるため、
持久系の走り込みや筋力トレーニングなどは行いません。
スポーツを楽しむこころを大切に、将来を見据えた指導を行います。

無料体験

はじめての方へ